【乃木坂46 5期生】記事一覧はこちらから

株式会社斎藤佑樹は何の会社?事業内容は野球選手の支援や育成?HPが謎すぎ

元日本ハムの斎藤佑樹さんが、個人会社を設立したことが話題になっています!

社名はズバリ「株式会社斎藤佑樹」!

ド直球で高級ブランドのようなネーミングですが、HPの内容がまだ謎すぎるため、一体何の会社なのか気になります。

今回は、株式会社斎藤佑樹は何の会社なのか、事業内容は野球選手の支援や育成というのは本当なのを調べてお伝えさせていただきます!

目次

株式会社斎藤佑樹は何の会社?

「株式会社斎藤佑樹」は何の会社なのかについては、「野球人生で感じてきた問題意識に対してできることがないかを考えて、カタチにする会社」だと仰っていました。

斎藤佑樹,会見,画像
出典元:東スポWeb

「問題意識」というのが気になりますが、怪我の多かった選手時代には、抱え込んでしまうような悩みがたくさんあったと推測できますよね。

「株式会社斎藤佑樹」では、まだ何をする会社なのかは具体的に決まっていないようですが、

  • メンタル面のケア
  • 引退してから活躍できる場所があるのか

主に選手のこういった悩みを解決したり、支援したりする会社になるのではないかと想像しています。

また、斎藤佑樹さんご本人が言及することがありましたら追記させていただきます。

株式会社斎藤佑樹の事業内容は野球選手の支援や育成?

「株式会社斎藤佑樹」の事業内容は、野球選手の支援や育成とも言われていますが、果たしてそれだけなのか、詳しく調べてみました。

斎藤佑樹さんが、会社設立に対してインタビューに答えていましたので、ご紹介させていただきます。

「基本的には斎藤佑樹がやりたいことをやる。何ができるか分からないんですけど、僕にしかできないことがあると思って。いろんな可能性を探ってみようかなと思います」

「テレビ、新聞、ネット媒体。今までお付き合いのあったマスコミの方とも仲良くさせてもらいながら。ただ、それだけではなくて、自分でも何か行動を起こして、プロジェクトとして取り組んでいこうと思っています。」

出典元:full-Count

また、斎藤佑樹さんは現役時代から野球界に対して問題意識を持っており、それらを事業として形にしたいんだとか。

  • 「野球をする選手やスタッフの働きやすさ」
  • 「野球を見る人たちがもっと楽しめる場づくり」
  • 「怪我と向き合うときのメンタルの管理」
  • 「野球をする小中高生の育成」
  • 「選手のセカンドキャリア」
  • 「地域との関係性」

大迫傑さんも、同じような志を持って、現役引退後は会社を設立されましたよね。

おそらく、「株式会社斎藤佑樹」の事業内容も、野球界に広く貢献できるような内容になると思います。

株式会社斎藤佑樹のHPが謎すぎる!

斎藤佑樹さんは、自身の会社を設立したことを発表しましたが、現在のところ、「株式会社斎藤佑樹」のHPの内容が謎すぎることになっています。

斎藤佑樹,HP,画像
出典元:インスタグラム

「株式会社斎藤佑樹」の公式HPを見てみると、まずは未来への思いがつづった文章を見ることができます。

プロ野球のマウンドに、立ち続けることはできなかった。
けれど、野球を通じて誰かの力になろうとめざす日々を、これからも続けようと思う。
自分が野球人生で感じてきたことを、野球の未来につなげていく。
できることから、少しずつでも、そのためのアクションを起こすこと。
さまざまな人と力を出しあい、さまざまな人に知恵をもらいながら。
まっすぐ、まっすぐ、
想いを投じていきたい。

出典元:株式会社斎藤佑樹
斎藤佑樹,横顔,画像
出典元:インスタグラム

その後、斎藤佑樹さんの何かを決意したような表情の写真。

現時点では、以上の情報しか掲載されていないんですね。

これは、まだ本当に設立したてで、何をしようか具体的に決まっていないということなのではないかと思いました。

しかし、斎藤佑樹さんの頭の中には何らかの事業構想や、具体的なアクションをどのように起こすかは描かれていると思いますので、今後もHPをチェックし続けたいですね!

SNSでシェアしてね
目次
閉じる