新庄剛志の喋り方変!ろれつが回らない原因を調べてみた

新庄剛志さんの喋り方が変だと話題になっています!

ろれつが回らっておらず、SNSでは心配する声も聞こえてきています。

一体、どうしてしまったのか気になります!

今回は、新庄剛志さんの喋り方が変だと話題になっていましたので、ろれつが回らない原因を調べてみましたよ!

目次

新庄剛志の喋り方が変だと話題に!

新庄剛志さんの、喋り方が変だと話題になっていました!

確かに、日ハムの監督就任会見では、かなり喋りにくそうにお話ししていた印象です。

整形しすぎで違和感があるからなのか、他にも原因があるかもしれませんので、原因を調べてみることにしました。

新庄剛志のろれつが回らない原因を調べてみた

新庄剛志さんの、ろれつが回らない原因が3つほどあると思いましたので、調べてみました。

原因① ヒアルロン酸の打ちすぎ

新庄剛志さんの、ろれつが回らない原因の1つ目は、整形によるヒアルロン酸の打ちすぎです。

特に、日ハムの監督に就任することが決定したときの新庄剛志さんの顔は、別人かと思うほどパンパンでした。

新庄剛志,スポーツ,画像
出典元:Twitter

監督就任会見のときには、顔が少し落ち着いた雰囲気になっていましたね。

新庄剛志,スポーツ,画像
出典元:Twitter

ヒアルロン酸の効果の持続期間は、使っている製剤にもよりますが、6ヶ月〜2年くらいなんだとか。

新庄剛志さんも、定期的にヒアルロン酸を顔に打っているのであれば、それが原因で顔がパンパンになるでしょう。

喋り方が変になり、呂律が回らないほどになってしまうのかもしれません。

原因②薬物疑惑

新庄剛志さんの、ろれつが回らない原因の2つ目は、薬物を使っているのではないか、という疑惑によるものです。

薬物を使用していると、何を喋っているのか分からなかったり、妙にハイテンションになるといいますよね!

実際には、新庄剛志さんには何度か薬物疑惑が浮上しているものの、噂止まりです。

薬物疑惑が噂であるならば、新庄剛志さんは、元々喋り方が変だということになりますね。

原因③インプラントが合わない

新庄剛志さんの、ろれつが回らない原因の3つ目は、インプラントが合わないということです。

インプラントは、顎の骨に直に金具を取り付けますので、極めて自然な感覚があるといいます。

しかし、何らかの原因でインプラントのかみ合わせが悪くなったり、動いたりすることもあるのかもしれませんね。

ろれつが回らない原因となり、新庄剛志さんの喋り方が変になってもおかしくないと思います。

新庄剛志の喋り方は現役時代も変だった!

新庄剛志さんの喋り方が変だというのは、実は現役時代からだったことが分かりました。

https://twitter.com/whoiam21283994/status/1457030241403039745

新庄剛志さんの現役時代を知るファンの方によると、元々の喋り方が変なこと、テンションが高いのは有名だということですね。

こちらは、新庄剛志さんのトライアウトのときの動画です。

やはり、呂律が回っていない感じがあり、喋り方が変だと思いました。

ファンの方が仰るように、新庄剛志さんの喋り方が変なのは、現役時代からなんですね!

新庄剛志の喋り方に対するSNSの声も

新庄剛志さんの喋り方について、SNSではどう思われているのか、声を集めてみました。

やはり、整形した歯が合わないとか、薬物で喋り方が変になったのでないかという見方が強かったですね!

しかし、新庄剛志さんの喋り方は昔から変なことが分かりましたので、昔を知らない若い方は変な方向に想像してしまうのでしょう。

これからも、唯一無二のキャラクターの新庄剛監督を応援したいと思います!

目次
閉じる