新庄剛志の滑舌が悪い原因は整形?高岸の喋り方と同じと話題【動画】

新庄剛志さんが、日ハムの新監督に就任しましたね!

派手なスーツに身を包み、ハイテンションで就任会見に臨みましたが、「滑舌が悪い」と話題になっていました。

一体どうしてなのか、気になりますね!

今回は、新庄剛志さんの滑舌が悪い原因は整形なのか、ティモンディ高岸さんの喋り方と同じだと話題になっていましたので、動画で検証してみましたよ!

目次

新庄剛志の滑舌が悪い原因は整形?

新庄剛志さんの滑舌が悪い原因は、自ら公言しているように、整形の影響が大きいと思います。

新庄剛志,芸能,画像
出典元:Twitter

記者会見のときの新庄剛志さんは、顔がかなりパンパンに見えますので、話がしづらかったのではないかと思いました。

他にも滑舌が悪い原因がないのか、新庄剛志さんの近況から考えて考察してみました!

滑舌が悪い原因①インプラント

新庄剛志さんの滑舌が悪い原因の1つ目は、歯をインプラントにしたからだと考えましたが、そうでもなさそうです。

ご自身がテレビ番組で、インプラントにしたことについて語っていましたので、ご紹介させていただきます!

楽だからという理由で一気に治療を終わらせたといい、「歯医者に行って3時間で上12本全部取って、5日で作ってもらって。今度は下全部取って」と振り返る。総額2000万円ほどかかったそうで、このロケの前にもメンテナンスをしたなど、白い歯への強いこだわりを見せた。

出典元:WEBザテレビジョン

歯科のサイトを調べたところ、インプラントとは、人口の歯根(インプラント)を埋め込んだ上に、人工歯根をかぶせる治療法だということが分かりました。

つまり、あごの骨に直接、金属を埋め込むため、本当の自分の歯に近い感覚を取り戻せるんだとか。

入れ歯とは違った感覚なので、話をするのにインプラントの影響は少なさそうです。

新庄剛志さんの滑舌が悪い原因は、他にあるということですね。

滑舌が悪い原因②監督就任の疲れ

新庄剛志さんの滑舌が悪い原因の2つ目は、監督就任の疲れが影響しているからだと思いました。

SNSでも、「大丈夫かな?」「疲れてるだけならいいけど」と心配する声が見られました。

監督就任に向け、準備しなければいけないことが山ほどあるかと思いますし、メディアへの出演にも積極的です。

新人の育成や、チーム全体の方針決めもあることでしょうから、いくら新庄剛志さんとはいえ疲れてしまいますよね!

新庄剛志さんの滑舌が悪い原因が疲れで、何か薬を服用しているということであれば、今後がとても心配です。

【動画】新庄剛志と高岸の喋り方が同じと話題に!

新庄剛志さんと、ティモンディの高岸さんの喋り方が同じではないか、と話題になっていましたので、動画で検証してみました。

こちらが新庄剛志さんと、ティモンディの高岸さんの喋り方が同じだと言われている動画です。

見て比較してみると、

  • オーバーなジェスチャー
  • ゆっくりとした話し方
  • 声質

以上のポイントから、喋り方が同じだと言われているのではないかと思いました。

人によって、好き嫌いは分かれるところかと思いますが、新庄剛志さんもティモンディの高岸さんも、ゆっくりと喋っているので、伝わりやすいですよね。

新庄剛志の滑舌が悪いのはいつから?

新庄剛志さんの滑舌が悪いのはいつからかも気になりましたが、整形したことが原因だとすると、2006年の引退後からということになります。

当時、35歳くらいの新庄剛志さんは、以前と比べてエラが小さくなっていました。

ボトックスでエラをシャープにした可能性が高いですが、やはり顔の輪郭が変わると、違和感があるんですね!

2021年の日ハムの監督就任の会見では、かなり呂律が回っていないようにも感じられました。

歯というよりは、顔の形が整形によって変わったことで喋り方が変になってしまった、といった方がいいと思いました。

今後も新庄剛志さんは、自分の顔に飽きたら整形をするかもしれませんので、滑舌がどれだけ悪くなっていくのかにも注目ですね!

目次
閉じる